イクメンは最初の先生

イクメンには共通の特徴があります。それは妻を愛していることです。妻を想う気持ちがあれば、妻が乳幼児の世話や子育てで、忙しく、疲れていたりすると、自然に労りの声をかけますし、育児を交代しようとするものです。

ただ、イクメンがする育児の内容は、妻が専業主婦か共働きで違ってきます。専業主婦なら、夫には、夜、ある一定の時間になれば、ゆっくり休めて眠れる状況を設定してあげる方がいいでしょう。しかし、対等な共働きなら、夜中であろうと、共に交代して子供の世話をしなくては妻の健康が保てません。

子供と一緒の入浴、一緒に遊ぶ、おむつ換え、哺乳瓶での授乳などは、もちろんですが、毎日のちょっとした遊びの中に、年齢に合った教育的な内容を織り込み、自然に知恵がつくようにしていくのもイクメンの大事な仕事になります。ママは食事や家事と育児、場合によっては仕事で、いつも多忙で落着けません。

その点、仕事から帰った少しの時間や、土日には、妻が家事をしている間に夫が子供とたくさん遊べます。その時に、数の数え方、色の名前、物の名前、計算、字を覚える、積み木やパズルで、立体や形、本を読むなど、段階を追って自然に覚えていけるように、夫が教育者になるのです。イクメンは、子供にとって、ママ以外の最初の先生です。
ikumen3

「イクメンは最初の先生」への1件のフィードバック

  1. これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です